遊戯王☆カード検索
トップページデッキ集 > デッキ詳細

2012/3/11  公認大会 優勝 六武衆デッキ【合計:40枚/23種類】

いいね!
デッキタイプ:六武衆

 【効果を表示】【デッキ価格を表示】テキストDOCGIWikiADS形式で表示】

枚数モンスター(15枚/8種類)種類レベル属性種族攻撃力守備力
1真六武衆−カゲキ効果3戦士2002000
2六武衆のご隠居効果3戦士4000
1真六武衆−エニシ効果4戦士1700700
3真六武衆−キザン効果4戦士1800500
1六武衆−ザンジ効果4戦士18001300
1六武衆の師範効果5戦士2100800
3エフェクト・ヴェーラーチューナー効果1魔法使い00
3六武衆の影武者チューナー効果2戦士4001800
枚数魔法(14枚/8種類)種類
2紫炎の狼煙通常魔法
1死者蘇生通常魔法
1増援通常魔法
2サイクロン速攻魔法
1月の書速攻魔法
3六武衆の荒行速攻魔法
3六武衆の結束永続魔法
1六武の門永続魔法
枚数罠(11枚/7種類)種類
2強制脱出装置通常罠
2連鎖除外通常罠
1奈落の落とし穴通常罠
2諸刃の活人剣術通常罠
2神の警告カウンター罠
1神の宣告カウンター罠
1六尺瓊勾玉カウンター罠
枚数エクストラデッキ(15枚/15種類)種類レベル属性種族攻撃力守備力
1A・O・J カタストルS効果5機械22001200
1真六武衆−シエンS効果5戦士25001400
1ナチュル・ビーストS効果522001700
1ナチュル・パルキオンS効果6ドラゴン25001800
1氷結界の龍 ブリューナクS効果6海竜23001400
1ナチュル・ランドオルスS効果7岩石23501600
1スクラップ・ドラゴンS効果8ドラゴン28002000
1ジェムナイト・パールX4岩石26001900
1発条機雷ゼンマインX効果3機械15002100
1No.30 破滅のアシッド・ゴーレムX効果3岩石30003000
1インヴェルズ・ローチX効果4悪魔19000
1ヴェルズ・ウロボロスX効果4ドラゴン27501950
1No.39 希望皇ホープX効果4戦士25002000
1ラヴァルバル・チェインX効果4海竜18001000
1No.61 ヴォルカザウルスX効果5恐竜25001000
枚数サイドデッキ(15枚/9種類)種類レベル属性種族攻撃力守備力
2D.D.クロウ効果1鳥獣100100
1増殖するG効果2昆虫500200
3スノーマンイーター効果301900
1大嵐通常魔法
1ブラック・ホール通常魔法
1奈落の落とし穴通常罠
1生贄封じの仮面永続罠
3暗闇を吸い込むマジック・ミラー永続罠
2魔宮の賄賂カウンター罠

集計結果

モンスターのレベル

下級上級最上級
123456789101112
333510000000
1410

デッキ情報

最終更新日:12/03/11 21:51
作成者:Kou
大会区分:その他
禁止・制限:2012年3月1日
閲覧数:34,099【変動履歴】
お気に入り:13

※このデッキをお気に入りに追加するには「ログイン」してください。

コメント

前回2/18の公認大会優勝後、制限改定に伴い一部デッキを改変しました。

狼煙の緩和によりさらに安定性を増した六武衆。

環境の変化として、天使の衰退に伴い天使に有利だったカラクリも減り、現在の環境トップはインゼクター・聖刻・ラヴァル・HEROあたりが上位を占めています。

六武衆はメインからこれらのデッキへのメタを張ることが可能であり、多くの罠やシエン、ナチュルシンクロで相手の動きを抑止できます。

まだまだ六武衆は第一線で戦えることを証明するため、本日大会に挑みました。

環境の変化に伴い、自分の周りではインゼクターから聖刻へ移行してきている傾向にあったため、対聖刻を強く意識した構築にしています。

対聖刻では、とにかくバックが剥がされた後の高速展開を防がなくては一瞬で負けてしまいます。

そのため、ヴェーラ―はメインから3積み、高打点のモンスターが大量に展開されることから強制脱出装置2、ヴォルカザウルス1を採用し、対聖刻のためにローチ、連鎖除外メインから2枚積みとしています。


それでは以下に大会結果を記します。


公認大会(30名弱)

1回戦 vs インゼクター

〇〇  2戦とも連鎖除外、ヴェーラ―等で攻め手を妨害しつつ返しのターンで詰めました。今回、レベル7シンクロ枠をブラックローズからランドオルスに変更したのですが手札にコストとなる魔法がなくてもランドオルスを立たせているだけで、相手は展開してこれずかなり役に立ちました。

2回戦 vs カエル帝

〇×〇  2戦目はライザーでシエン戻され積みました。

3回戦 vs カウントダウン

〇〇   1戦目は初ターンにカウントダウン発動され遅延されましたが、手札に貯めたカードで大量展開し相手の防御札が尽きた所を攻め切りました。

4回戦 vs 聖刻(レベル8も混ぜた型)

〇×〇  相手の手札にキーカードを揃わせないよう、積極的にサーチやカーDを妨害しつつ、相手の展開開始後も的確にヴェーラ―や警告のあてどころを考えプレイしました。
2戦目は妨害札が足りず、バック剥がされ展開されたことと、レベル8が混ざっていたことで妨害タイミングを誤ったことが敗因です。

決勝戦 vs 聖刻

×〇〇  1戦目は、初ターンから大量展開されプレアデスまで繋がれた結果返しきれず負け。2、3戦目は4回戦同様の動きで勝つことができました。

フィルタ設定

【この投稿者のデッキを全て表示】